透析看護師の給料水準は高い?

透析室を担当する看護師は病院内の他の診療科目の業務よりも高度なスキルや知識が必要です。患者様の命と言っても良い透析装置を間違いなく取り扱う知識が重要です。 万が一のトラブルの際にも<的確に迅速に対応する臨機応変さ>が要求されます。

だから「透析室を担当する常勤看護師の給料水準は高い」といわれています。透析を専門に行う透析室は忙しい業務が継続的に発生します。その仕事内容から他の診療科目で仕事をする看護師と比較しても月収や年収が高くなっています。

また病院がある地域によっても給料水準は違ってきます。一般的に見て透析専門で仕事をしている透析看護師の求人の月収は【25万円から30万円程度】と言われてます。 ボーナスが多い病院の場合は給料の4カ月分のボーナスを出す場合もあります。

透析室で仕事をする看護師は、他の病棟で仕事をしている看護師にはつかない付与手当もあります。 透析手当やその他の資格手当など細かい手当がつく場合が多いですね。 透析の認定看護師資格を取得した場合はさらに給料が高くなります。

透析室で仕事をする看護師は常に患者様に付き添いの治療があります。 「長期間の休みや突発的な休みは取れない」と言われます。 日勤でのみの仕事が多いから、病院での拘束時間がとても長くなってしまいます。

求人サイトをチェックしてみると透析看護師の給料は年収ベース平均で450万円から500万円が相場のようです。 二十歳代で透析経験がない看護師でも450万円以上の給料をもらえる病院も存在しています。 近頃では透析専門の病院も多くなってきました。 そういった特別な病院での勤務が可能ならば年収500万円以上も不可能ではないです。

500万円を越えるとかなりもらっている方になりますから、他の病棟看護師と比べても高いです。 それだけ厳しい仕事になるわけですから、高い評価をされているということになります。 やりがいが持てる職場の一つでもあるので透析看護師を目指す人も多いです。
北海道中央労災病院

配置7:1の看護師求人を探す

配置基準7:1というものをご存知でしょうか。 看護師を目指している方や、看護師資格を持っている方であれば聞いたことがある方も多いはずです。

これは、入院している患者さん7人対して看護師1人という形を表します。 1人あたりでしっかり状況を把握できる患者さんの数というのはそれほど多くありませんよね。 例えば、1人で20人や30人といった患者さんの状態をすべて把握し、要望にもこたえていくというのはほとんど不可能だといえるでしょう。

そこで登場したのが配置基準7:1というものです。 それまでの病院は10:1というところが多かったのですが、これでは隅々まで目を配ることができず、患者さん側から不満の声が上がってしまうことも多くありました。

10:1に比べると7:1の方が一人一人の患者さんに対してきめ細やかに目を配ることができるだけでなく、看護師の負担も減らすことができます。 できるだけ行き届いた看護をしたいと思っている方は配置基準7:1の求人情報探すと良いでしょう。

しかしながら、現在の日本は看護師不足に悩まされています。 そのため、配置基準7:1を理想としているものの、看護師の数が足りないためにそれが実現できていない職場も多いのです。

できるだけ配置基準7:1に近い形を取っているところが増えてはいるものの、すべてがそういった状況ではないということを理解しておきましょう。

特に、それまで配置基準7:1の職場で働いていた方が10:1の職場に転職するとなると忙しさに驚いてしまうかもしれません。

病院によってどれくらい看護師がそろっているのかは全く違います。 当然ながら、看護師がたくさんいる病院の方が1人当たりの業務量が少ないだけでなく、ストレスや体力も少なくて済みますよね。

配置基準7:1の病院を探すこと自体は難しくありません。 しかし、面接を申し込んでから配置基準10:1であることに気づいたということになると大変なので、こういった情報は事前に確認しておく必要があります。

転職支援サイトを使えば誤って忙しい求人に応募してしまったというトラブルも避けられるでしょう。

このページの先頭へ